So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

2nd time in San Francisco #3 [Overseas]

海外旅行に慣れた方は良くご存じだと思いますが、今日はサンフランシスコでの
”チップ”について簡単にご紹介します。
IMG_2482.jpg

日本人の私たちの日常生活では”チップ”って感覚がないので、海外に行くときは
悩みの種の一つじゃないかと思います。
国や地域によっても要否や額が変わりますので、一番良いのは事前にネットや
ガイド本などで最近の情報を調べておくことですね。

今回、私もサンフランシスコは7年ぶりなので、一応簡単に調べてました。
まぁ、喫煙情報のそれほどではありませんでしたけどね^^;

では、時系列的に、いつ、どこで、だれに、いくら渡すのか見ていきましょう。

1)タクシー:運転手:支払時:15%
 空港からタクシーで移動する場合は、支払の際に金額の15%を加算します。
 例えば、SFOからdowntownまで$40だったら、$6がチップで$46になります。
 仕事の場合領収書が必要な方も多いでしょうが、チップも含めてくれと言えば
 $46で領収書をくれますよ。
P1010274.JPG

2)ホテル:ドアマン:荷物を運んでくれた時:荷物一つにつき$1
 ホテルによってはドアマンとポーターが兼務だったり、ドアマンがいない場合
 もあります。ここで荷物を運んでくれると言ってるのは「ホテルの中」までの
 ことで、部屋まで運んでくれたなら、ポーターを参照してください。
 人によっては、ポケットに$1を数枚直接いれておいてドアの開閉の度に渡すと
 いう人もいますが、庶民はそこまでイキらなくても良いと思います^^;
IMG_0171.JPG
3)ホテル:ポーター:自分の部屋:荷物一つにつき$2
 ポーターがいるホテルは割と高級なホテルです。部屋まで荷物を運んでくれて
 その後に設備などの説明を簡単にしてくれると思うので、彼が説明が終わり戻
 ろうとした時に「Thanks.Here, this is for you.」と言えればカッコいいですが、
 私は毎回ポーターのいない中級ホテルに泊まってます^^;
 もしちょうど良い札がない時は$10とかを渡してお釣りをもらって下さい。
 日本人の感覚では躊躇しますが、チップでお釣り要求は全然アリらしいです。
 「Can I have $6 change, please.」などと言って良い~んです。

4)ホテル:ハウスキーパー:枕元、サイドテーブル:毎朝$1
 チェックアウトの朝はあげないとか聞いた事がありますが、それは間違いです。
 自分が使用した部屋をきれいに片づけてくれることへのチップと考えれば納得
 ですよね?
 直接渡さないためお釣りはもらえないので、常時財布に$1は数枚入れておくよう
 にしましょう。
IMG_2458.JPG

5)レストラン:ウェイター、ウェイトレス:支払時:15%
 チェックする際に金額を確認し、チップが含まれているか分からなかったら遠慮
 せずに、担当のウェイターやウェイトレスに聞きましょう。
 カードで支払う時は明細書の”TIP”欄か”GRATUITY”欄を探して確認してください。
 ちなみに私はCAではTIPの表記しか見た事ありません。

私たちには馴染のないチップですが、そもそも「相手が自分に何かしてくれた事に
対する感謝の心づけ」なので、そう思えば少し理解できるのではないでしょうか?
海外では日本の様に「サービス料」を取られていないですしね。
まぁ正直、計算するのは面倒くさいですけど^^;

最後に「チップを支払わなくても良い場合」があるのでそれも紹介しますね。

6)ホテルのフロント:不要
 思わずチェックアウトの際に渡しそうですが要りませんよ。

7)ファストフード:不要
 海外でファストフード店に行かれる方は意外と多いんじゃないでしょうか?
 フードコートのお店もこれに含まれますが不要です。

8)ショップ:不要
 買い物も楽しみの一つだと思いますが、ショップ店員へのチップも不要なので
 その分はお土産に使っちゃいましょう。


それでは、次回はそろそろサンフランシスコの市内を紹介しようと思います。

See you soon.
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

2nd time in San Francisco #2 [Overseas]

こんばんは。

今日はサンフランシスコ国際空港から市街地までの移動についてです。

皆さんは海外旅行の時、空港からホテルへの移動はどうされますか?
大きなキャリーバッグを持って行くことが多いですよね。
そうなると、やっぱりタクシーが多いですかね?

私は電車をよく使います。
ドイツでも、タイでも電車にお世話になりました。

今回のサンフランシスコも電車で移動しました。
前回はレンタカーだったので、渡米前から今回は電車と決めてました。
ネットで調べると「ちょっと難しい」様なことが書かれてますがそんなことはありません。
意外と簡単なので、もし行かれる方で荷物が大きく(多く)ない方にはおススメですよ。

SFOから市内への移動手段ですが、大きく5つあります。

【電車】
BARTとCaltrainがありますが、市内ならBARTです。
あ、BARTとは”Bay Area Rapid Transit”のことで”湾岸高速鉄道”ってとこでしょうか。
私は、今回は往復ともBARTを利用しました。
IMG_2452.JPG
SFOからdowntownまで$8.65で、所要時間は30分ほどです。
駅からホテルが近い方、荷物が大きくない方にはおススメです。
IMG_2451.JPG
昇降口付近は大きな荷物を持った方や、自転車を載せる方の優先エリアです。
NYの地下鉄と違って安心して乗れます。
乗り方を後で簡単に説明しますね。

【タクシー】
コスト的には高いですが、荷物が大きい方や面倒な方には便利です。
空港の国際線到着ロビー(2F)を出てTaxisサインの所から乗れます。
ホテルの名前や住所で伝わらなければ、メモなどを見せればOKです。
私の同僚はタクシーを利用したそうですが、SFOからユニオンスクエア周辺までで
$45~50くらいだったらしいです。
曜日や時間帯によって混雑具合がかなり変わるので、混んでると$60くらいだった
という方もいました。
但し、上記にチップ(15%程度)が必要なのでお忘れなく。
あ、ちなみに今回私は一度もタクシーを利用してません^^;

シャトル
国際線の出発ロビー(3F)を出たところで乗れるそうです。
料金は$17~18でタクシーの半額程度とお得らしいですが、相乗りなので時間が
かかる可能性がありますね。
向こうで知り合った滞在経験のある方にシャトルびいきの方がいましたが、私が
BARTを使うと言う話をしたら「え~!?」と驚かれました。why?

【バス】
1階のLower levelから乗れる様です。
値段は市内まで$5とお安いみたいですね。
但し、慣れてるor英語が堪能な方でないと不安な気がしません?
日本国内でも土地勘のないところでバスに乗ろうという気にはなれません^^;

【レンタカー】
市内だけならかえって不便ですが、サンノゼやヨセミテ、ナパなど他にも行く
方には必須に近いですね。
空港にレンタカーセンターが併設されているので、4階のエアトレインで移動
して下さい。
おススメはHertzで日本から事前に予約をしておく事です。
また、詳細は省きますが、私の場合は現地手続き不要なので自分のボードを
探して予約してる車に乗れば、鍵もついててそのままGOです。
Hertzで楽をしたい方は、ハーツGOLDプラスリワーズを参照して下さい。
日本みたいにキズのチェックや操作説明なんて皆無です。
ただ、ちょっとお高いです。
車種にもよりますが、カローラクラスで今は$110~120/dayくらいですね。


さて、そんな中、BARTを選んだ理由は”安い”ことと、”気楽”だからです。
BARTなら自販機でチケットを購入すれば、Downtownまでイザなってくれます。

英語で行先を告げる必要もないですし、

運転手;「サンフランシスコは初めてかい?仕事で来たのかい?」
私;  「いや、2回目さ。ああ、仕事だよ。良い街だね。」

などと毎度お約束の会話をする必要もありません。
何せこっちは時差ボケで頭も体も火照ってボーっとしてんですから。

さぁ、そんな素敵なBARTですが、駅名が分かってチケットが買えれば任務完了です。

system-map.gif
路線図はBARTのHPにありますし、スマホの方はスマホ版で路線検索っぽいことが
出来るので昔に比べれば全然余裕です。
IMG_2471.PNGIMG_2472.PNG
って、感じで調べる事が出来ます^^
IMG_2473.PNG
但し、上の画面にも書かれてますが”delay”する前提で寛容な気持ちが大切です。
日本の地下鉄の様に5分遅れた程度でイライラいしてたら長生き出来ないですよw

さあ、チケットの買い方ですが、ゲート付近にある券売機で買いましょう。
Ticket.jpgGate.jpg
 ①にお金を入れます。但し、おつりは$4.95までしか出てこないのでご注意を!

 ②のパネル横のボタンで操作します。ここが難しいのかな?
  使うボタンは以下です。
  Aボタン;Add $1(1ドル追加)
  Bボタン;Subtract $1(1ドル減らす)
  Cボタン;Add ¢5(5セント追加)
  Dボタン;Subtract ¢5(5セント減らす)
  Eボタン;Print Ticket(金額確定後にチケットを発行する)

  例えば、$8.65のチケットを買う場合に$10札を入れたとします。
  その場合、$1.35おつりをもらう必要があるので差引ます。
  Bボタン×1回(-$1)+Dボタン×7回(-¢35)で、$10-$1.35=$8.65になります。
  そうしたら、Eボタンを押して発券します。

 ③チケットとおつりを受け取る

次はゲートを通過します。
緑色の矢印が点灯しているゲートが使用できます。

上の挿入口にチケットを入れるとゲートが開きますが、チケットが出てきますので取って下さい。
日本みたいに進行方向に進んで受け取る構造じゃないので^^;

後はホーム(進行方向)を間違わない事と、行先を確かめる事です。
SFOからPowell St.やMontgomery St.ならPittsburg/Bay Point Lineに乗れば良いです。

えぇ、ちょっと長くなりましたが、空港からの移動はこんなところでしょうか、ね。

次回は、みなさんが気になるチップについてお話しましょうね。

ではまた。
nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

2nd time in San Francisco #1 [Overseas]

皆さん、ご無沙汰してます。

気づけば1年以上も更新せずに放置してました。
だからって訳ではないのですが、久々にアップしますね。

実は、先週サンフランシスコへ行ってきました。
もちろん仕事ですけど。。。

早いもので、前回は7年前の2008年。
その時の記事もあるので宜しければどうぞ。
(読み返すと恥ずかしいですが^^;)

気が向けば何回かに分けてUPしようと思ってますが期待しないで下さいね。

先ず今日は、「サンフランシスコの喫煙事情」をお知らせしようと思います。

と言うのも、昨年から喫煙者に出戻りした(2、3年の禁煙⇔喫煙期間を繰り返す)私は
禁煙条例の厳しい今のアメリカで喫煙できるのか心配で事前にネットで調べてましたが、
古い情報が多く”最新情報”が分からないまま渡米したのでした。
前回は禁煙期間だったので、そんな事を気にもしなかったもので。
よくよく考えてみると、今まで海外へ行ったタイミングは全て禁煙期間中で、今回が何と
43歳にして初めての”海外喫煙デビュー”です。

2015年7月現在の話ですが、「基本的に屋外ならどこでも吸える」って感じです。
もちろん公園や人ごみではダメでしょうが、downtownでは歩行喫煙してる人も多いです。

流石に都内生活に慣れた私は携帯灰皿片手に、shopの扉から20ft(約6m)離れた歩道で
喫煙しましたが、紳士な対応に見えるほど”やりっぱなし野郎”が多いです。
路上のそこかしこに吸殻がポイ捨てされてますし、喫煙所でも灰皿に捨てないヤツの方が
多いくらいです。。。

喫煙者が、約10時間の軟禁から解放され、時には激混みのImmigrationを晴れて通過した
暁に真っ先にやりたい事は、トイレでも写真でなく”いっぷく”ですよね。

SFOの到着フロアーは税関を抜けるとあっけないほど直ぐに到着ロビーに出れるので、
真っ直ぐ外に出ましょう。
出ると左右に喫煙場所があるので、思う存分煙草を吸って下さい。
IMG_2447.JPG

ちなみに国際線ターミナルは到着ロビーが2階、出発ロビーが3階なので、もしBARTで
市内へ移動するのなら3階に上がって下さい。
IMG_2449.JPG

私は荷物が大きくなかったのと、何と言っても安いのとでBARTで移動しました。
次回はBARTの移動についてアップしようと思います。

追記;
”喫煙あるある”で重要な事を書き忘れました。
「屋外なら喫煙可」ってところがミソです。
基本的に屋内に喫煙所はないと考えた方が良いです。
レストランやパブも喫煙所はあっても外ですし、最近はホテルも全館禁煙が多い様です。
当然、空港も全館禁煙なので、例え航空会社のラウンジでも喫煙所はありません。
なので、出国手続きを済ませて免税店で買い物をしている最中にタバコを吸いたくなっ
たら、一度屋外に出る必要があります。(SFOは出発フロアも外に喫煙所があります)
まあ、出国手続きはパスポート見せてセキュリティチェックを受けるだけなので、そこ
まで時間がかかる事はないと思いますが、面倒な方はギリギリまで外で粘った方が良い
かも知れません。

SFOのターミナル情報は下記のJAL/ANAのHPを参照してください。
JAL: https://www.jal.co.jp/inter/airport/america/sfo/sfo_00.html
ANA: https://www.ana.co.jp/international/departure/airport/map.html?c=sfo


久々に記事を書きましたがやっぱり大変ですね。
写真を加工したり、記事を書くために調べたり。

これがブログ離れの原因ですが、改めて更新を続けてる皆さんは凄いと思いました。
巷ではInstagramが流行ってますが、何となく分かる気がします。

暇をみつけての更新でちょっとずつにはなると思いますが、今回の旅で感じた事や
気づいた事などを、これからサンフランシスコへ初めて行かれる方の為に書いて
みようと思います。

ではまた。
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:blog
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。