So-net無料ブログ作成

第70回 菊花賞 [Horse]

みなさん、こんばんは^^

今日は菊花賞ですね。早いもんだ。

馬券購入予定の方、今年はどうですか?
面白そうですか? 獲れそうですか? 配当は魅力ありそうですか?
最近、全く競馬してないんで馬が分かりません^^;

こう言う時は、血統と前走までの流れで、大概は決めちゃいます。

天皇賞・春の時にも触れましたが、長距離戦には持論があります。

1つは、 「ブッツケでは勝てない」 です。
そしてもう1つは、 「ステイヤーでなければならない」 事です。

近年の短距離・スピード化の傾向にある競馬界に於いては、後者は時代錯誤かも^^;
スプリンターばっかがマラソンに出ても、訳が分かんない的な空気です。

じゃぁ、どうするか? 展開と上がりにフォーカスして考えます。
要するに、最後の直線で「よーいドン!」したら誰が勝つか?です^^

細かい取捨の話は割愛して、結論です。

先ずは消せなかった馬リストです。

2 シェーンヴァルト(黒鹿毛):秋山、父:ジャングルポケット、母:シェーンクライト(エリシオ)
3 フォゲッタブル(黒鹿毛):吉田、父:ダンスインザダーク、母:エアグルーヴ(トニービン)
5 アンライバルド(鹿毛) :岩田、父:ネオユニヴァース、母:バレークイーン(Sadler'sWells)
9 リーチザクラウン(青鹿毛):武豊、父:スペシャルウィーク、母:クラウンピース(SeattleSlew)
10 キングバンブー父:キングヘイロー、母:ドレミファバンブー(EasyGoer)
11 セイクリッドバレー(栗毛):松岡、父:タニノギムレット、母:ホーリーブラウン(フジキセキ)
16 ナカヤマフェスタ(鹿毛) :蛯名、父:ステイゴールド、母:ディアウィンク(タイトスポット)
17 アドマイヤメジャー(青鹿毛):川田、父:アグネスタキオン、母:ティエッチマンボ(Kingmambo)

今年は馬自身は小粒感が否めませんね^^;

馬券をどう買うかは、当日のパドックなど含めて判断ですが、現時点での有力候補を残しました。

2 シェーンヴァルト(黒鹿毛):秋山、父:ジャングルポケット、母:シェーンクライト(エリシオ)
3 フォゲッタブル(黒鹿毛):吉田、父:ダンスインザダーク、母:エアグルーヴ(トニービン)
5 アンライバルド(鹿毛):岩田、父:ネオユニヴァース、母:バレークイーン(Sadler'sWells)
9 リーチザクラウン(青鹿毛):武豊、父:スペシャルウィーク、母:クラウンピース(SeattleSlew)
10 キングバンブー父:キングヘイロー、母:ドレミファバンブー(EasyGoer)
11 セイクリッドバレー(栗毛):松岡、父:タニノギムレット、母:ホーリーブラウン(フジキセキ)
16 ナカヤマフェスタ(鹿毛) :蛯名、父:ステイゴールド、母:ディアウィンク(タイトスポット)
17 アドマイヤメジャー(青鹿毛):川田、父:アグネスタキオン、母:ティエッチマンボ(Kingmambo)


最終的には、3~4頭に絞りたいなぁ^^;

で、結局は「好き嫌い」の次元で決めちゃうんですけどねぇ^^

nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の競馬 [Horse]

GWはお休みするつもりだったんだけど、雨のせいで予定が大幅に狂っちゃいました。

天皇賞(春)はどうでしたか?
記事での予想は外れましたが、考え方は大筋合ってたと思ってます^^;

1着のマイネルキッツは日経賞で2着でした。斤量は57kg、タイムも2:31.3でボチボチです。
父はチーフベアハートで母父はサッカーボーイでしたね。
12人気とは、結果論ですが狙いでしたね^^;

2着のアルナスラインは日経賞を勝ってました。斤量も57kg、タイムは2:31.2でした。
父はアドマイヤベガで母父はEl Gran Senorです。
菊花賞2着馬ってこんな感じなイメージです・・・。

3着のドリームジャーニーも頑張りましたね。
この馬は中距離馬ってことで、速攻切ってましたが^^;

さて、天皇賞(春)の言い訳はこの辺にして、本題行きましょうか。

天皇賞(春)の記事で少し触れましたが、現在の競馬は世界的に距離短縮、
スピード重視の傾向にあります。

中央競馬のG1を考えてみましょう。

先ず、日本のG1レースは現在、どれくらいの距離で、いくつあるのでしょうか?
今年(2009年)で考えてみましょう。(但し、平地競走のみで)

01) 02/22 : フェブラリーステークス[G1]          ダ:1600m
02) 03/29 : 高松宮記念[G1]                芝:1200m
03) 04/12 : 桜花賞[Jpn1]                  芝:1600m
04) 04/19 : 皐月[Jpn1]                    芝:2000m
05) 05/03 : 天皇賞(春)[G1]                芝:3200m
06) 05/10 : NHKマイルカップ[G1]             芝:1600m
07) 05/17 : ヴィクトリアマイル[G1]             芝:1600m
08) 05/24 : オークス[Jpn1]                 芝:2400m
09) 05/31 : 日本ダービー[Jpn1]              芝:2400m
10) 06/07 : 安田記念[G1]                  芝:1600m
11) 06/28 : 宝塚記念[G1]                  芝:2200m

と、ここまでが春競馬と言われる、G1たちです。
尚、G1は国際グレードでのG1、Jpn1は日本グレードでのG1相当とお考えください。
海外ではJpn1を買っても、G1勝利とはみなされません。

さあさあ、続いて秋競馬行ってみましょう。

12) 10/04 : スプリンターズステークス[G1]        芝:1200m
13) 10/18 : 秋華賞[G1]                   芝:2000m
14) 10/25 : 菊花賞[Jpn1]                  芝:3000m
15) 11/01 : 天皇賞(秋)[G1]                芝:2000m
16) 11/15 : エリザベス女王杯[G1]             芝:2200m
17) 11/22 : マイルチャンピオンシップ[G1]         芝:1600m
18) 11/29 : ジャパンカップ[G1]               芝:2400m
19) 12/06 : ジャパンカップダート[G1]            ダ:2100m
20) 12/13 : 阪神ジュベナイルフィリーズ[Jpn1]      芝:1600m
21) 12/20 : 朝日杯フューチュリティステークス[Jpn1]  芝:1600m
22) 12/27 : 有馬記念[G1]                  芝:2500m

って訳で、G1レースは全部で22レースでした。
その内、国際グレードのG1が15レース、JRAグレードのJpn1が7レースです。
G1とJpn1・・・。ややこしい話(大人の事情)なので、簡単に言うと、外国馬や外国産馬の
出走登録を制限しているので国際的には見方が異なります。
Jpn1(発音はこれでジーワンと読む)を勝っても、世界ではG1(グレードワン)を勝ったと
みなしてくれないのです。
何が大きく違うかと言うと、血統表の表記です。
G1(国際的グレード1)を勝つと、英語表記になり、国際的な血統表でも太字になります。

おぉっ! また、やってしまった[もうやだ~(悲しい顔)]
これではまるで、グレードの記事ではないか・・・

書いていて、本題をすっかり見失っていました^^;

2500m以上のG1レースは僅か3レースだけなんです。
2400mのオークス、日本ダービー、ジャパンカップを足しても6レース。
でも、3歳クラシックは国際G1ではない(Jpn1になる)ので、国際的にG1と認められる
2400m以上の長距離と呼べるレースは、

・ジャパンカップ 東京・芝:2400m
・有馬記念    中山・芝:2500m
・天皇賞(春)  京都・芝:3200m

の、たった3レースしかないのです・・・。

これで、ステイヤーが活躍する場がない事が分かってもらえると思います。
キリがなくなるので割愛しますが、2歳戦~3歳戦の初夏くらいまで、長距離レースが
条件戦でも少ないのも、こう言った状況を反映しているからだと思います。

ヨーロッパの重厚な血脈が日本に合わないのは、こういった事も原因なのかも知れませんね。

WP6も、こう言った世情をしっかり反映してくれちゃってるので、ステイヤーの期待馬が出来たら
微妙な反応をしてしまうのは、みぃだけでしょうか・・・。 ダート馬ならなおさら・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
nice!(9)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

天皇賞(春) [Horse]

今日は、第139回 天皇賞(春)です。
このレースは国内最長のG1レースで、3200mもの長い距離で行われます。
こう言った長距離向きの競走馬のことを、ステイヤーと呼びますが、近年衰退の傾向にあります。

またの機会に触れますが、現在は3000m超えのG1はこのレースしかありません。
菊花賞はJpn1ですので、国際的にはG1とは認められていません。

さあさあ、天皇賞(春)です。

そんな、このレースにはみぃの持論があります。

1)弱肉強食、not下剋上。
強い者が必ず勝ちます。目くそ耳くそ僅差の場合は荒れる事も稀にありますが。

2)ステイヤーでなければ勝てない
上で触れた様に、現在は短距離、スピード型の競馬な時代です。
って訳で、生産者も、活躍の場がない=稼げない、ステイヤーは作らないのです;;

3)前哨戦や流れは無視しない(でも、ハンディ恵まれの場合は割り引く)
長距離戦は心肺機能が十分にウォーミングアップ出来ている必要があります。
なので、ブッツケは無理です。サクラローレルでも無理でした。
だからと言って、前走53.0kgの斤量などで勝っててもそれは割引します。

で、上記3項目からどうやって考えるかと言うと、馬柱で前走の内容やメンツを
確認し、更に重要視するのは過去の2500m超えの実績と血統です。

さあ、そろそろ、今年の予想です。
8枠の3頭が不動です。
そして、2枠の2頭と、10番のゼンノグッドウッドが注でしょうか^^

最後に、シルクフェイマス。
君がまだ現役だったとは驚きました。 故障しないように、頑張ってね♪
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

Secretariat [Horse]

空だったカテゴリの1つ、"Horse"の初記事は"彼"しかいない。

みいが、自分に関わる色々なものに使っている"Secretariat"。
競馬や競馬ゲームが好きな人には言うまでもない、1973年のアメリカ三冠馬である。
"彼"はとても有名な、そしてみいが最も好きな馬だ。

栗毛の、額に白く輝く流星を持つ彼は、1970年アメリカのバージニア州で生まれた。
彼の詳細はWikipediaに掲載されているので興味のある人は是非読んで欲しい。

では何故みいは、"Secretariat" が好きなのか?
答えは簡単。 めっちゃ強いから。(^^;

先ず、競馬のタイム(記録)のイメージが分からない人の為に簡単に説明しよう。
競馬には芝とダートがある。
そして、一般的には芝の方がダートより走破タイムが早い。
例えば、芝2000mの日本レコードは1:56.4で、ダート2000mでは2:01.0である。(↑JRAホームページの中央競馬レコードタイム表より)
コース自体が異なるので単純に比較出来ないけどダートの方が遅い。

しかし、この"Secretariat"はと言うと、3冠レースの第1冠であるKentucky Derby(ダ2000m)で
何と"1:59.4[exclamation×2]"と言う驚異的なレコードを叩き出した。(伝わってる?この感動??)
多分、この話を引き合いに出してもピンと来ない人は「へぇ~」って感じなんだろうけど、
ノーザンダンサー(Northern Dancer)より0.6秒も早いんだよっ!!
2分を切っちゃったんだよ[グッド(上向き矢印)]
しかし[exclamation×2]驚くのは早い。
圧巻は第3冠のBelmont Stakes(ダ2400m)[グッド(上向き矢印)]
な、なんとっ、ダート2400mで、2:24.0[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
日本の中央競馬レコードでは同じダ2400m(実際には14m短い)で、2:28.6なんだよ[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
ごめん、ちょっとテンション上がっちゃった[あせあせ(飛び散る汗)]

百聞は一見にしかず。
好きな人はYou Tubeで見るだろうけど、この記事を見なかったら多分一生見ることのなかった”あなた”へ。
"Secretariat"の3冠レースをご覧あれ。
■Kentucky Derby(ダ2000m) R1:59.4[exclamation]

■Preakness Stakes(ダ1900m) R1:53.4[exclamation]

■Belmont Stakes(ダ2400m) R2:24.0[exclamation×2]
↓これが圧巻の31馬身差(2着との差)
Secretariat_the_belmont.jpg


少しでも"Secretariat"のことを知ってもらえたら嬉しいなぁ。
華々しい記録の割りに地味な名前も好きな理由のひとつ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。